思春期の定義についての考察

思春期というのは、大人であれば誰しもが通ってきた道であり経験したことがあるに違いない事柄です。
そして思春期とは、一般的に言えば「子供から大人に変化する時期である」と解釈されます。
また医学的な文献によれば、「第二次性徴の発現の始まりから成長の終わりまで」と定義されています。
第二次性徴というのは生殖腺や生殖器を除く男女差のことです。
つまり子供が大人になる前の境目とも言え、それを通り越すと大人への
仲間入りになると言われています。
ただ思春期は誰でもが経験することですが、いつからが思春期であり、いつまでが思春期の
終わりであると明確な境界線を引くことは困難です。

人によっては早熟や奥手であったりする傾向も見られるからです。
しかし大体の年代においては小学校の高学年から中学時代、高校時代までを指す事と言えそうです。
年齢についても、10歳から始まり20歳までの間となります。この思春期を考察する上では、二つの側面があります。
まず外形的性差が生じてくることです。

そして、心理的な面においても男女差が顕著に生まれてくる時期であります。
外形的な性差については、男性なら男性器が発達して性的興奮によって精通が生まれる、
陰毛が生え始める、喉仏が発達して声変わりして、ヒゲやわき毛が生えてくる、筋肉が
発達してがっちりした体型になります。
一方、女性であればバストが膨らむ、皮下脂肪が付きヒップが大きくなる、男性と同じ様に陰毛も生え始めます。
またウエストのくびれが出来て、丸みを帯びた体型になります。
その他に重要なことは、女性器が発達して月経が始まることです。

思春期と聞くと男性器や女性器の違いのことをクローズアップする話題も多いのは確かかもしれません。
これらの男女間の体型の差が生まれやすくなってくる時期が思春期と言えるでしょう。
そして心理面においても、男と女を意識する形になります。

つまり思春期以前では、それほど男女を意識するものではないですが、強烈に意識をすることとなります。
また以前は恥ずかしくなかったことが恥ずかしく感じられたり、異性と話をすること
自体に照れを感じたりすることも多くなる訳です。
また物思いにふけ様々な悩みを抱え始め、自我が生まれ反抗期が始めるのがこの時期となっています。
思春期の悩みは、大人の悩みとは違う悩みを抱えることが多いです。
大人からすれば馬鹿らしい悩みであると解釈されることも多いですが、本人にとっては
重要な問題である場合もあります。
よって思春期の子供たちを扱う学校の先生の役割も重要で、しっかり教育を行っていくことが肝要です。

また性に興味をもち始めた子供が成長して大きくなると今度は
女性の体に興味を抱くようになってきます。それは心や体が成長をしている証拠で
ありいずれ風俗に通いだすようになったりするのです。
そうなった時にお勧めをしたいのが高松風俗というものです。
高松風俗は四国にございます高松市の風俗になりますが、こちらはこれまでにも
多くのお客様をむかえ、至福の時間を過ごして頂いた実績がございますので
初めての方も安心して心より楽しんで頂けるサービスを提供していけると自負しております。